データ復元・復旧・復活のソフトと方法を紹介

データ復元・復旧ソフトについて

普段、職場や自宅では様々なアプリケーションを使い様々データを扱うのではないでしょうか?

長年使っていたパソコンが動作が悪くなりデータがアクセスできなくなってしまったり、パーティションが破損したためPC上からファイルが見れなくなってしまったなんてことよく耳にします。また、outlook expressなどのメーラーを長年使っていると、メールボックスに入っているはずにメールが入ってなかったり、保管したはずのメールが消えていたりなどトラブルが発生することも多々あるのではないでしょうか。

フリーのデータ復元ソフトを使ってみたんですが、復元率が低いで、消えたデータをなかなか復元できないです。

実は、そん問題を解決できるソフトがWondershareのデータ復元ソフト「データリカバリー」です。無料試用版が用意しておりますので、フリーでお試してみましょう。


*Windows OSの場合は、Windows版を、Mac OSの場合は、Mac用データ復元ソフト「データリカバリー」をダウンロードしてください。 

簡単なデータ復元・復旧する方法

Wondershare「データリカバリー」では、パソコンが得意でない方でも簡単にデータリカバリーできるように、復元処理までわかりやすくナビゲートします。ソフトをインストールしましたら、プログラムを起動します。

ステップ1 復元したいデータのタイプを選択します。

どんなタイプのデータを復元・復旧したいのか選びます。

「写真、オーディオ、ビデオ、office ドキュメント、メール、すべてのファイルタイプ」の中から選択します。もし、自分の探しているファイル形式がわからない場合は「すべてのファイルタイプ」を選びます。

復元したいデータのタイプを選択

ステップ2 紛失したデータの元の保存場所を確認します。

次に、その削除したデータの格納してあった場所を選びます。

検索する場所を指定する:

ごみ箱
デスクトップとマイドキュメント
コンピューター全体
ハードディスク

ファイルのあった場所が分かるようであれば、具体的な場所を指定することで検出の可能性が高くなります。場所がわからない場合は、「コンピューター全体」を選んでください。

検索する場所を指定する

ステップ3 失われたデータのスキャンを開始

「開始」ボタンをクリックすると、自動的にパソコンの消えたデータのスキャンを開始します。

注意:クイックスキャンで、目的のデータが検出できない場合、「ディープスキャン」で再度スキャンしてください。

失われたデータのスキャン

ステップ4 失われたデータのプレビューとデータ復元・復旧

検索完了したら、復元したいデータをプレビューして復元できます。

データ復元前に、PDF、PPT、RAR、ZIP、Excel 及び画像形式(PNG、JPG、JPEG、TIFなど)がプレビュー可能です。

データ復元・復旧

また、「ファイルタイプ」から「パス」に切り替えることで、ファイルの前回のパスをチェックすることができます。

Wondershareのデータ復元ソフト「データリカバリー」の使い方は以下動画をご覧ください。

データがどうしても見つからない場合なら?

ディープスキャンというモードを選ぶことができます。ディープスキャンをすることで、さらに削除、フォーマットされたファイルの検出がしやすくなります。時間がかかるスキャンなのですが、フォルダ構造まで安全にデータ復活することができるので、特にフォーマットした場合に有効な手段となります。

データ復元ソフト-Wondershare データリカバリー

データ復元ソフト
  • 550以上のファイル形式のデータを高速・安全に復元
  • 数ステップで削除したデータを復元
  • HDD(ハードドライブ)・ゴミ箱・スマホのSDカード復元・SDメモリカード・USBフラッシュドライブ・デジカメの削除したデータを復元!
  • ファイルを復旧する前にプレビューが可能!
  • 対応OS: Windows 10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~10.13(macOS High Sierra)
関連記事
表示する隠す
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
ホーム / レビュー・評価 / データ復元・復旧・復活のソフトと方法を紹介

All TOPICS

Top