USBデータ復元-USB復元・復旧・復活の方法を紹介

USBメモリのデータを復元できるソフトはありますか?

みなさんは、データを持ち運ぶ際、どのようなメディアで持ち運びますか?

様々メディアが出ている中で、USBメモリは殆どのPCで必ず付いています。それ自体の価格も非常に安価で手に入れられるので、使っている方もとても多いのではないでしょうか?

よく使うものだからこそ、データが破損したり、データがなくなったりトラブルを経験する方も多いのではないでしょうか?そんな時には、Wondershare「データリカバリー」というUSBメモリデータ復元ソフトを利用して、簡単にUSBのデータを復元できます。

このUSBデータ復元ソフトは操作簡単で、復元率も高いです。無料体験版では、USBから消えたデータをプレビュー確認ができますので、まずはお試し版をダウンロードして試してみましょう。


USBメモリデータ復元ソフトの特徴

強力なUSBデータ復元機能

USBにある、550種類以上のファイル形式に対応

USBデータ復元を開始前にプレビュー表示で確認が可能

データに破損を与えることなく安全に動作

簡単なUSBメモリーのデータ復元方法

WondershareのUSBデータ復元ソフト「「データリカバリー」」は、 2つの質問を答えて、USBメモリから削除したデータを復元することができます。

次は、USBメモリから削除したデータを復元する手順を詳しく説明します。

ステップ1 USBデータ復元ソフトを起動して、USBから復元したいファイルタイプを選択する

USBデータ復元ソフト「「データリカバリー」」を起動して、目的のファイルがなんの形式のファイルなのかを「写真、オーディオ、ビデオ、Office ドキュメント、Eメール、その他」の中から選択します。

もし自分が復元したいファイルがどれに当てはまるかわからない場合、「すべてのファイルタイプ」を選択してください。

USBから復元したいファイルタイプを選択

ステップ2 紛失したファイルの元の場所を確認する

USB破損したデータ復元を目的としているので、検索範囲は「外付けのリムーバブルデバイス」を選択してください。

それから「次へ」のボタンを押します。

紛失したファイルの元の場所を確認

ステップ3 USBから失われたファイルを検索開始する

全て設定が完了したら、「開始」ボタンでスキャンが始まります。「ディープスキャンを有効にする」ことで、さらにUSBデータ復旧の精度を高めることができますが、スキャンの時間が長くなります。

通常のスキャンでファイルが見つからなかった時にお試しください。

USBから失われたファイルを検索開始

ステップ4 USBの失われたファイルのプレビューと復元する

検索完了しましたら、ファイルを選択して、「復元」ボタンを押してUSBのデータ復元ができます。復元前に、PDF、PPT、 RAR、ZIP、Excel 及び画像形式(PNG、JPG、JPEG、TIFなど)がプレビュー可能です。

プレビューと復元する

ポイント:復元ボタンをクリックすると、復元ファイルの保存パスを設定できます。

復元ファイルの保存パスを設定

上記はUSBデータ復元の手順でした。

この「データリカバリー」はパソコンHDD復元、外付けHDD、SDカード復元、デジカメ復元、USBメモリ復元、iPod、MP3/MP4プレーヤーやその他のストレージメディアから削除されたビデオ、写真、ミュージック、ドキュメント、電子メールなどの復元にも対応します。この「データリカバリー」があれば安心です。

「データリカバリー」の操作ガイドは以下動画をご覧ください。

USBデータ復元-Wondershare データリカバリー

スマホのSDカード復元
  • 550以上のファイル形式のデータを高速・安全に復元
  • 数ステップでUSBメモリから削除したデータを復元
  • HDD(ハードドライブ)・ゴミ箱・スマホのSDカード復元・SDメモリカード・USBフラッシュドライブ・デジカメの削除したデータを復元!
  • ファイルを復旧する前にプレビューが可能!
  • 対応OS: Windows 10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~10.13(macOS High Sierra)
関連記事
表示する隠す
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
ホーム / USBデータ復元 / USBデータ復元-USB復元・復旧・復活の方法を紹介

All TOPICS

Top