Mac RAWファイル復元:どうしても目当てのファイルが見つからない時の対処法

Rawファイルとは、データやファイルに何も加工されていない状態の事をいいます。

通常、復元などでデータをスキャンする場合は、すでに上書き保存などで変更などが加えられてしまっている状態のデータやファイルを検出します。無加工のデータを検出すれば、目当てのファイルが見つかるかも知れません。

ファイルが見当たらず復元できない!?

Macで消えてしまったり、フォーマットして消えてしまったファイルを復元するのに便利なワンダーシェアがリリースしている「データリカバリー」(Mac版)。 [失われたファイルの復元]モードを使えば、わずか数ステップでデータやファイルの復元ができます。 しかし、それでも目当てのファイルが見つからないという場合があります。

そんな時は[Rawファイルの復元]をすることで、解決することができます。『データリカバリー(Mac版)』の[Rawファイルの復元]を使えば、どうしても見つからない目当てのファイルを探し出すことができるかもしれません。

マークしてPCで無料体験する :

使い方は簡単!上記から、無料ダウンロードして試用してみましょう![Rawファイルの復元]は[失われたファイルの復元]とほぼ同じ操作で使用することが可能です。

『データリカバリー(Mac版)』でより深い所をスキャンする

注意:データの上書きを防ぐため、データが失われたディスクに、「データリカバリー」(Mac版)をインストールしないでください。

ステップ1:復元モードを選択する

まず、『データリカバリー(Mac版)』を起動します。そして下記画面に二番目の[Rawファイルの復元]をクリックすると、[Rawファイルの復元]復元モードに入ります。

Rawファイルの復元 Mac

ステップ2:ファイルをスキャンする

復元したいドライブを選びます。あとは[スキャン]でRawファイルを検出し、復元したいデータやファイルをプレビューで確認しながらチェックボックスにチェックを入れて[復元]をクリックするだけです。

Rawファイルの復元 Mac

ステップ3:プレビューとMacのRawファイル復活

  あとは、復元したいデータにチェックを入れて、[復元]ボタンをクリックするだけで、あっという間に消えてしまったデータを復元することが出来ます。

[失われたファイルの復元]同様、わずか数ステップで復元することが出来る上、HDDのより深い部分をスキャンすることで、確実に消えてしまったデータやファイルを検出し復元することが出来ます。

Rawファイルの復元 Mac

『データリカバリー(Mac版)』を使いこなせば、確実にデータの復元は出来る!

Wondershare「データリカバリー」(Mac版)の「Rawファイルの復元」を使えば、Rawファイル形式のデータも確実に検出することができます。 [失われたファイルの復元]と併用して使いこなすことで、確実にあなたのMacから消えてしまったデータを復元します。

「データリカバリー」(Mac版)を使えば、どんなトラブルでデータが消えてしまっても怖くありません!

マークしてPCで無料体験する :
関連記事
表示する隠す
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
ホーム / Macデータ復元 / Mac RAWファイル復元:どうしても目当てのファイルが見つからない時の対処法

All TOPICS

Top