Mac(Macbook Air/Macbook Pro)から消えたや失われたファイルを復元する方法

Mac(Macbook Air/Macbook Pro)から消えたや失われたファイルを復元!

Macから誤って大事なファイルを削除してしまったり、フォーマットしてしまったら、復元すれば元通りになります。 Macで最もポピュラーな復元方法と言えばTimeMachineを使ってバックアップファイルから復元するというやり方です。 しかし、TimeMachineを使うには外付けのHDDなどを接続しておく必要がありますし、小まめにバックアップを取っていないと意味がありません。

TimeMachineを使っていなかったり、バックアップを取っていない場合の復元方法は、いくつかありますがパソコン初心者には複雑な操作や手順、知識が必要です。 そこで、Wondershare「データリカバリー(Mac版)」というMacデータ復元ソフトを使えば初心者でも簡単にMacで消えてしまったファイルを復元することができます。


「データリカバリー(Mac版)」の使い方は簡単!上記から、無料ダウンロードして試用してみましょう!

Macbookファイル復元ソフトの特徴

強力なMac復元機能

強力なMac復元機能

復元に対応

Macにある、550種類以上のファイル形式の復元に対応

確認が可能

復元を開始前にプレビュー表示で確認が可能

データに破損を与えることなく安全に動作

データに破損を与えることなく安全に動作

Macで消えたファイルを復元する方法

※データの上書きを防ぐため、データが失われたディスクに、「データリカバリー」をインストールしないでください。

ステップ1 復元モードを選択する

まず、「データリカバリー(Mac版)」を起動し、[失われたファイルの復元]をクリックして、復元したいロジカルドライブ(ハードディスクやUSBドライブに接続されているメディア)を選択します。

データリカバリー(Mac版)

ステップ2 削除したファイルの元の保存先を選択します。

次は削除したファイルがあった保存場所を選択します。

消えてしまったファイルをスキャン

ステップ3 ファイルをスキャンする

あとは「スキャン」をクリックすれば、自動的にMacの消えてしまったファイルをスキャンしてくれます。

消えてしまったファイルをスキャン

ステップ4 Macで削除したファイルをプレビューと復元します。

復元したいファイルはカバーフローやサムネイル表示でプレビューして確認することができるので、ファイルの選択を間違えることはないでしょう。 復元したいファイルにチェックを入れて「復元」をクリックすれば、簡単にMacへファイルを復元することができます。

「データリカバリー(Mac版)」は簡単にファイルの復元を行えるソフトです。

Macで削除したファイルを復元

「データリカバリー(Mac版)」でファイルが消えてしまっても安心!

Wondershare「データリカバリー(Mac版)」をインストールしておけば、もしファイルが消えてしまっても慌てず復元することが可能です。 ドキュメントはもちろん、音楽、動画、写真などのあらゆるファイルを簡単に復元することができます。

こんなに便利な「データリカバリー(Mac版)」ですが、一度その便利さを体感してみるのはいかがでしょう? もしも、大事なファイルが消えてしまっても「データリカバリー(Mac版)」があれば、簡単に復元することができるので、安心できます。

Macbookファイル復元ソフト-Wondershare データリカバリー

Macファイル復元
  • 550以上のファイル形式のデータを高速・安全に復元
  • 数ステップでMacの削除したファイルを復元
  • HDD(ハードドライブ)・ゴミ箱・スマホのSDカード復元・SDメモリカード・USBフラッシュドライブ・デジカメの削除したデータを復元!
  • ファイルを復旧する前にプレビューが可能!
  • 対応OS:Mac OS X 10.6~10.12(macOS Sierra)/ Windows 10/8/7/XP/Vista
関連記事
表示する隠す
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
ホーム / Macデータ復元 / Mac(Macbook Air/Macbook Pro)から消えたや失われたファイルを復元する方法

All TOPICS

Top