SATA復元:SATAハードドライブからデータを復元する方法

SATAハードドライブとは

SATA (またはシリアルATA) ハードドライブはシリアルポートハードディスクとして知られており、従来のPATA(パラレルATA)ハードドライブに代わり、PCの大容量ストレージデバイスとして使われています。 シリアル ATA 1.0仕様は、主要なハードドライブ製造者(Intel、APT、Dell、IBM、Seagate、Maxtor)によって構成されるシリアルATA委員会によって制定されました。 2002年には、シリアルATA委員会シリアルはATA2.0仕様の草案を作成しました。しかし、実はこの時にはまだ、実際のSATA装置はリリースさえされていませんでした。

シリアルATAはシリアル接続を使用する –シリアルATAバスはクロックシグナルを内蔵しており、従来のPATAやEIDEハードドライブよりも精度の高いエラー修正機能を実装しています。特に1番大きな違いは、データの自動チェック・修正だけではなく、転送コマンドを使うことで、データ転送の信頼性が大幅に改善されています。SATAのシリアルインターフェースは、単純な構造(7ピン)で、ホットスワップ可能です。そのため、より早く効率的なデバイス間データ転送が可能です。

また、SATAでは「差動信号アンプシステム」が使用されており、信号からノイズを効果的にフィルタリングします。高性能のノイズフィルタリングで、パラレルATAとは違いSATAは低電圧(0.5V)で動作可能で、省エネです。

仕様
バンド幅
転送速度
最大ケーブル長さ
SATA 3.0
6Gb/s
600MB/s
2m
SATA 2.0
3Gb/s
300MB/s
1.5m
SATA 1.0
1.5Gb/s
150MB/s
1m
PATA
1Gb/s
133MB/s
0.5m

SATAハードディスクからデータ復元はできますか

SATAハードドライブの性能に関係なく、予想外のデータ削除・初期化・パーティション損傷や紛失・ウィルス攻撃など様々な理由でデータ紛失することがあります。データが紛失した場合SATAハードドライブから紛失ファイルを復元することはできるのでしょうか?もちろん、できますよ。

SATAドライブでファイル削除や初期化を行った場合、内容そのものを削除したわけではなく、削除したファイルが保存されていたSATAハードドライブ上の一部を上書きのために空白にしているのです。そのため、上書きする前であれば、復元ソフトウェアを使って紛失データを復元できる可能性があります。上書きした場合は、データ復元ができなくなります。

SATAハードディスク


SATAからデータを復元する方法

まず、SATAハードドライブの復元ツール Wondershare 「データリカバリー」を無料ダウンロードしましょう。

SATA復元ソフト-Wondershare データリカバリー

スマホのSDカード復元
  • 550以上のファイル形式のデータを高速・安全に復元
  • 数ステップでスマホのSDカードから削除したデータを復元
  • HDD(ハードドライブ)・ゴミ箱・スマホのSDカード復元・SDメモリカード・USBフラッシュドライブ・デジカメの削除したデータを復元!
  • SATAのファイルを復旧する前にプレビューが可能!
  • 対応OS: Windows 10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~10.12(macOS Sierra)

アドバイス:データ上書きを防止するため、データが紛失したパーティションに本SATA復元ソフトをインストールしないで下さい。

上記のソフトウェアは2つとも、安全なデータ復元ソフトです。削除や初期化、その他の理由でSATAハードドライブから紛失した写真、動画、オーディオ、eメール、各種ドキュメントを復元できます。また、全ハードドライブ、外部ディスク、メモリカード、USBドライブ、MP4プレーヤー、iPodデータなども復元可能です。たった数クリックの操作でSATA復元ができます。

ステップ1 Wondershare SATA復元ソフト「データリカバリー」を起動して下さい。

Wondershare 「データリカバリー」を起動したら、復元したいデータのタイプを選択します。

SATAハードドライブから復元したいファイルのタイプを選択して下さい。「すべてのファイルタイプ」を選択すると、SATAの全てのデータを検出します。

SATAハードドライブから復元したいファイル種別を選択

ステップ2 削除したファイルの保存先「SATA」を選択します。

次は削除したファイルがあったファイルを選択します。「外付けドライブ」SATAを選択します。

削除したファイルの保存先「SATA」を選択

ステップ3 SATAの削除したデータをスキャンします。

「開始」ボタンをクリックすると、SATAの削除したデータをスキャンし始めます。クイックスキャンでSATAのデータが見つからない場合、「ディープスキャン」で再度検索してください。

ディープスキャン

ステップ3 SATAの削除したデータをプレビューして復元します。

復元可能なファイルはスキャン結果にカテゴリー毎に表示されます。クリックするだけでプレビューおよび復元可能です。

SATAの削除したデータをプレビューして復元

現在プレビュー可能なファイル種別: DOC/DOCX、XLS/XLSX、PPT/PPTX、PDF、HTML/HTM、JPG、JP2、JPEG、TIFF/TIF、PNG、BMP、GIF、ZIP、RAR

SATAハードドライブから大事なデータが消えた場合、ぜひSATA復元ツール Wondershare 「データリカバリー」 を利用しましょう。無料体験版では、データのスキャンまでできます。

関連記事
表示する隠す
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
ホーム / HDD復旧・復元 / SATA復元:SATAハードドライブからデータを復元する方法

All TOPICS

Top