WMV復元-紛失したWMVファイルを復元する方法の紹介

WMVファイルの特徴と利用方法

WMV(Windows Media Video)はマイクロソフト社が開発した動画ファイルの規格で、WindowsパソコンにインストールされているWindows Media Playerで再生することができます。圧縮率が高いのでインターネット上で配信される動画に多く用いられていて、コピー防止機能も付いているので幅広く用いられている規格のひとつです。インターネット上で配信されている動画をダウンロードしたり、ビデオカメラや携帯端末などを利用して自分で撮影した動画をパソコンに保存した際に、WMV形式のファイルである場合が多いです。WMVはほとんどのパソコンで再生することができるので、そのままの状態でハードディスクに保存することができます。

注意すべき点として、WMVは動画なのでファイルのサイズが大きいことです。大量の動画ファイルをハードディスクで保管すると、かなり大きなディスク容量を消費してしまいます。そのため、必要に応じて不要な動画ファイルを整理して、DVDなどの外部メディアに移動する必要があります。大量の動画ファイルを整理する際に誤って削除しないようにするために、一目でデータの内容が判別できるようなファイル名を付けておく必要があります。

意図せずにWMVファイルを紛失(消去)した場合の対処方法

ディスクスペースを確保するために動画形式のファイルを整理する際に、誤って必要な動画を削除してしまうケースがあります。ファイルを削除した直後であればデータ部分がディスク上に残されているため、データ復元用のツールを利用すればデータを取り出すことが可能です。注意点として、一般的に動画形式のファイルはサイズが大きいので、削除されたファイルのデータが残されている領域に別のファイルが上書きされてしまう可能性が高いことです。

もしも誤ってWMVファイルを紛失した際は、すぐに復元作業に取り掛かる必要があります。システム用のドライブ(WindowsパソコンのCドライブ)はアプリケーションプログラムによって頻繁に一時保存ファイルが書き込まれるため、データの保管はシステム用とは別のドライブを使用するようにしましょう。削除したファイルを復元するためのツールは有料版のソフト以外にも多くのフリーソフトがあります。無料で配布されているソフトウェアの多くは画像やオーディオ形式のファイルにしか対応していなかったり、復元可能なデータサイズが限られているケースがあります。動画形式のファイルを復元する場合には、対応するファイル形式が制限されていないことと、ファイルサイズの制限がないものを選択する必要があります。大きなサイズのWMVファイルでも復元可能なツールとして、Wondershare「データリカバリー」があります。


「Wondershareデータリカバリー」を利用して失われたWMVファイルを復元する手順

Wondershare「データリカバリー」は全ての形式のファイルに対応しているため、WMVの動画も復元することが可能です。有料版に登録すればファイルサイズの制限がないので、大きなサイズの動画もデータを取り出すことができます。Wondershare「データリカバリー」で失われたWMVデータを復元する手順は、ファイル形式の指定、削除したファイルがあった場所の指定、検索結果から削除されたファイルを選択して別のドライブに保存、の3ステップです。

ステップ1 「Wondershareデータリカバリー」を起動するとファイル形式を選択するメニュー画面が表示されるので、「ビデオ」にチェックを入れて「次へ」ボタンをクリックします。

復元したいファイルタイプ

ステップ2 次に削除されたWMVファイルがあった場所を選択するメニューウインドウが表示されるので、該当するドライブを指定して「復元」をクリックします。

復元したいファイルタイプ

ステップ3 WMVファイルをスキャンして復元します。

スキャンが開始されて削除されたWMVファイルの一覧が表示されるので、該当するものを選んで別のドライブに復元保存します。

WMVファイルをスキャンして復元

削除されたファイルがデータ用のドライブで保存されていた場合であれば、誤って削除した後にWondershare「データリカバリー」をインストールすることができます。これに対してシステムドライブのファイルを削除してしまった場合には、Wondershare「データリカバリー」をインストールするとデータが上書きされてしまいます。そのため、万一の場合に備えて最初からWondershare「データリカバリー」をインストールしておく方が良いでしょう。

WMVファイル復元ソフトについて

WondershareのWMV復元ソフト「データリカバリー」であれば、大きなサイズの動画ファイルもデータを復元することが可能です。ファイル削除のトラブルに備えてWondershare「データリカバリー」をパソコンにインストールしておくことができます。

WMVファイル復元-Wondershare データリカバリー

WMVファイル復元
  • 550以上のファイル形式のデータを高速・安全に復元
  • 数ステップで削除したWMVファイルを復元
  • デジカメの削除したデータ・スマホのSDカード復元・ HDD(ハードドライブ)・ゴミ箱・SDメモリカード・USBフラッシュドライブを復元!
  • データを復元する前にプレビューが可能!
  • 対応OS: Windows 10/8/7/XP/Vista/Mac OS X 10.6~10.12(macOS Sierra)
関連記事
表示する隠す
この記事について、あなたの評価を教えてください。
5つ星のうち4.5 (合計0人評価) ご評価をいただいて誠にありがとうございました
ホーム / ファイル復元 / WMV復元-紛失したWMVファイルを復元する方法の紹介

All TOPICS

Top