Wondershare データリカバリー

安全かつ完全なメール復元ソフト

史上最高のメール復元ソフトで削除してしまったまたは消えてしまったメールを安全に復元しましょう!

素早く安全かつ完全な メール復元ソフト

メールが見つからないもしくは間違えて消してしまいましたか。そしてそれを完全に復元する必要がありますか。Wondershareのデータリカバリーツールはお客様が失った動画や画像、ドキュメント、ミュージック、メールやその他のファイルを外付やその他のタイプの記憶媒体から復旧する上で最も簡単で安全な方法になります。これ以上簡単にはできないほど簡単です。ハードドライブからいかなるタイプのデータも復元・復旧することができます。メールが完全に削除されても、Wondershareのデータリカバリーが削除したメールを復元できます。

  • 復元可能なファイル
  • 対応デバイス
文書

文書DOC/DOCX, XLS/XLSX, PPT/PPTX, PDF, CWK, HTML/HTM, INDD, EPSなど。

画像

画像JPG, TIFF/TIF, PNG, BMP, GIF, PSD, CRW, CR2, NEF, ORF, RAF, SR2, MRW, DCR , WMF, DNG, ERF, RAWなど。

動画

動画AVI, MOV, MP4, M4V, 3GP, 3G2, WMV, ASF, FLV, SWF, MPG, RM/RMVBなど。

音声

音声AIF/AIFF, M4A, MP3, WAV, WMA, MID/MIDI, OGG, AACなど。

メッセージ&メール

メッセージ&メールPST, DBX, EMLXなど。

アーカイブ形式

アーカイブ形式ZIP, RAR, SITなど。

メール復元ソフトで削除したメールを復元する手順

  • 1メール復元ソフトを起動して、復元したいメールタイプを選択します。

    復元したいメールタイプを選択
  • 2紛失したメールの元の保存先を選択します。
    紛失したメールの元の保存先を選択
  • 3紛失したメールを復元します。

    紛失したメールを復元

メールが消えた?

• 非意図的にメールファイルを削除してしまった

自身またはシステムに属さない人によってメールファイルが誤って削除されてしまうか場合があります。ヒューマンエラーがメールデータ損失の2番目に大きな原因となっています。ほとんどのケースは、フラッシュドライブを適切に取り出さなかったなどのささいなことが原因で発生しています。あるいはキーボードの打ち間違えによってディスクドライブからコンテンツを削除してしまう場合があります。ヒューマンエラーをバイパスすることはできないのです。

•意図的にメールファイルが削除された

非営利組織をやめる直前に誰かが重要なメールデータを削除してしまうことは簡単に起こり得ます。適切なデータバック戦略を用いてメールファイルを安全に保管しているのであれば、パソコンを失ったほうが痛みは少ないかもしれません。そうであればパソコンがなくなってしまったとしてもメールデータを復元できるのです。

• メールデータファイルへのウイルスによる攻撃

記憶媒体の故障が原因でWindowsのメールデータにアクセスできなくなる場合があります。記憶媒体の故障の主な原因にはウイルスによる攻撃があります。ウイルス検知プロセスの中で重要なメールデータが消えてしまう場合があります。ファイルシステムの破損やウイルスによる感染、ハードドライブのフォーマットによって論理エラーが生じる可能性があります。そのような場合、Wondershareのデータリカバリーツールを利用してメールを復元することができます。

• メールファイルのごみ箱バイパス

Windowsのごみ箱がいっぱいになると、Windows OSは直近のメールファイルを削除することによって必要な容量を確保します。その結果、削除されたメールはユーザにとってアクセスできない状態になってしまいます。お客様が設定したごみ箱の容量によってメールファイルを回収できるかどうか決まります。

• フォーマットまたはパーティショニングによるメールファイルの損失

適切なメールデータのバックアップがない場合、Windowsのパーソナルメールデータはパーティショニング、リパーティショニング、フォーマット、リフォーマットにより削除される可能性があります。


重要なメールの紛失の防ぎ方

  • データベースロスを防ぐためにごみ箱の容量を大きくすることは有効かもしれません。
  • Cloudに保存してリモートでアクセス可能にすることもできますし、全てのデータを自動でバックアップしてくれるサービスを利用することもできます。これは、データを失わないために活用できる最適な方法のうちの一つです。DropboxやGoogle Drive、Microsoft SkyDriveはコンピュータ上でローカルに現れるスマートフォルダーにファイルを格納し、同時にCloudに反映させるという機能を誇っています。
  • 頻繁にファイルのバックアップを取ることがデータロスを防ぐうえで最も賢い選択であるといえます。その情報が重要であるのであれば、信頼性が高く定期的に更新するバックアップシステムを活用するべきです。
  • もしハードドライブの容量が小さく、大きな画像ファイルなどを作成することがないのであれば、ごみ箱の容量を小さくしてハードドライブ上に空きを作ることも良いかもしれません。
  • アンチウイルスソフトをインストールし、定期的にバックアップを行うとともに毎週コンピュータスキャンを行うようにしてください。
  • 全ての失われたファイルがリカバリーされるまで、できる限りシステムの使用は控えてください。ハードディスク上のアクティビティが多ければ多いほど失われたデータが上書きされてしまう可能性が高まります。
  • メールやメッセージに関しては、ウイルスの攻撃や誤って削除してしまった場合を考えて複数のサイトでバックアップを取っておくことをお勧めします。
Top