Wondershareデータリカバリー

安全かつ完全なドキュメント復元

削除されたまたは紛失されたワード・エクセルなどのドキュメントを素早く、安全に、かつ完全に復元・リカバリーします。

最適なドキュメントリカバリーソフトウェア

ごみ箱からドキュメントを紛失しましたか。そしてそのドキュメントを完全な状態で取り戻す必要がありますか。Wondershareのデータリカバリーツールはフラッシュドライブや外付または他のタイプの記憶媒体からお客様が失ったワードやエクセル、パワーポイント、PDFファイル、メール、圧縮ファイル、その他を簡単にそして安全にリカバリーすることができます。これより簡単な方法はないでしょう。Wondershareのデータリカバリーツールを用いていかなるデータであったとしてもごみ箱から復元することができます。

  • 復元可能なファイル
  • 対応デバイス
文書

文書DOC/DOCX, XLS/XLSX, PPT/PPTX, PDF, CWK, HTML/HTM, INDD, EPSなど。

画像

画像JPG, TIFF/TIF, PNG, BMP, GIF, PSD, CRW, CR2, NEF, ORF, RAF, SR2, MRW, DCR , WMF, DNG, ERF, RAWなど。

動画

動画AVI, MOV, MP4, M4V, 3GP, 3G2, WMV, ASF, FLV, SWF, MPG, RM/RMVBなど。

音声

音声AIF/AIFF, M4A, MP3, WAV, WMA, MID/MIDI, OGG, AACなど。

メッセージ&メール

メッセージ&メールPST, DBX, EMLXなど。

アーカイブ形式

アーカイブ形式ZIP, RAR, SITなど。

ドキュメント復元ソフトの使い方

  • 1ドキュメント復元ソフトを起動して、復元したい「Officeドキュメント」を選択します。

    「Officeドキュメント」を選択
  • 2復元したいドキュメントの元の保存場所を選択します。
    復元したいドキュメントの元の保存場所を選択
  • 3検出されたドキュメントをプレビュー&復元します。

    ドキュメントをプレビュー&復元

ドキュメントのデータ損失において想定される場面

• 誤ってドキュメントファイルを削除してしまった

本人またはシステムに属さないユーザによって誤ってドキュメントファイルが消去されてしまう場合があります。ヒューマンエラーはデータ損失の2つ目に大きな原因として考えられています。ほとんどの場合、適切にフラッシュドライブを取り出さなかったなどの些細なことが発生しています。時には、ディスクドライブ上の全てのコンテンツをキーボードの誤操作によって非意図的に削除してしまう場合もあります。ヒューマンエラーをバイパスする手段はないのです。

• ドキュメントファイルが意図的に削除された

編集する権限がある重要なファイルを誰かが非営利組織をやめる際に削除してしまうということが容易に起こりえます。もしもごみ箱の中が空にされてしまった場合、そのデータをリカバリーするのは難しくなります。

• ドキュメントファイルへのウイルスによる攻撃

記憶装置の故障によってWindows上のドキュメントファイルにアクセスできなくなる場合があります。記憶装置の故障の原因としてウイルスの攻撃がよく挙げられます。ウイルス検知プロセスにおいて重要なドキュメントファイルが消えてしまう可能性もあります。論理エラーはファイルシステムの故障やウイルス感染、ハードドライブのフォーマットにより生じることがあります。そのような場合、Wondershareのデータリカバリーツールを用いてドキュメントを復元することができます。

• 火災事故によるドキュメントデータの永久損失

この場合、コンピュータとバックアップドライブの両方が破壊されてしまい、ドキュメントファイルは完全に失われてしまいます。火災事故に対する最も安全な対策は定期的にバックアップをとり、そのバックアップデータをコンピュータとは異なる場所に保管することです。

• フォーマットまたはパーティショニングによるメールファイルの損失

適切なメールデータのバックアップがない場合、Windowsのパーソナルメールデータはパーティショニング、リパーティショニング、フォーマット、リフォーマットにより削除される可能性があります。


重要なドキュメントの紛失の防ぎ方

  • データベースロスを防ぐためにごみ箱の容量を大きくすることは有効かもしれません。
  • Cloudに保存してリモートでアクセス可能にすることもできますし、全てのデータを自動でバックアップしてくれるサービスを利用することもできます。これは、データを失わないために活用できる最適な方法のうちの一つです。DropboxやGoogle Drive、Microsoft SkyDriveはコンピュータ上でローカルに現れるスマートフォルダーにファイルを格納し、同時にCloudに反映させるという機能を誇っています。
  • 頻繁にファイルのバックアップを取ることがデータロスを防ぐうえで最も賢い選択であるといえます。その情報が重要であるのであれば、信頼性が高く定期的に更新するバックアップシステムを活用するべきです。
  • もしハードドライブの容量が小さく、大きな画像ファイルなどを作成することがないのであれば、ごみ箱の容量を小さくしてハードドライブ上に空きを作ることも良いかもしれません。
  • ウイルス対策ソフトをインストールし、定期的にバックアップを行うとともに毎週コンピュータスキャンを行うようにしてください。
  • 全ての失われたファイルが復元されるまで、できる限りシステムの使用は控えてください。ハードディスク上のアクティビティが多ければ多いほど失われたデータが上書きされてしまう可能性が高まります。

コンピュータ上のドキュメントに関する知識

ドキュメントは情報の一つの形です。ドキュメント全体または個々のパーツが個々のデータとして扱われる場合があります。コンピュータドキュメントはソフトウェアアプリによって作成されたファイルのことを指します。「ドキュメント」という言葉は当初、ワードプロセッサードキュメントのことを指していたのですが、現在はすべての種類の保存されたファイルに対して使用されています。Microsoftのワードドキュメントの拡張子は.DOCXで、フォトショップドキュメントの拡張子は.PSDになっています。ファイルの拡張子を参照することでドキュメントを開き、中身を確認することができます。例えば、MicrosoftのOSを使用しているコンピュータはたいてい.DOC、.RTFまたは.TXTの拡張子を用いてドキュメントファイルを保存しています。

Top